×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

9.14(日
いさらぎログハウス(福井県敦賀)の
「高田渡ひつじライブ」にお邪魔した。
私は渡さんを、さんざんネタにさせて
いただいているので…
会場前にお邪魔して、ちょっとご挨拶。
「あら〜どうも〜。」と
にこやかに応対していただき、ほっ。

ていうか、
もう呑んでるし…。





主催であるひつじカンパニーの
サンチャゴさん。
いつも裏方さんは大変であります。
色々お話もしたかったけど
ま、次の出会いのときにでも。
(似てないなあ〜)













全て手づくりの
いさらぎログハウス
素敵です。

外観は撮影に失敗
(ぶれぶれ)。











「ねえ知ってる?
この家の屋根って凄いのよ。
鉛筆の材料で作ってあるんだって
…………………………
ほら、見てみて
鉛筆の芯がでてるでしょ?!」












オープニングアクトは
井上としなりさん。
ギターが恰好いい
豊橋のミュージシャン。










お次は徳田健さん
動物を愛する
彼の声は、
優しく太い。








休憩をはさんで、渡さん。
落語でいえば古典落語。
お馴染みなあの唄この唄。
時間と所が変われば違った
心のヒダに染み込んでくる。
ライブ=唄ではあるけれど、
高田渡という世界にひたるために、
きっと自分は足を運んでる。












  ←イメージをFLASHで…



買ってしまった…。
バーボンストリートブル−ス。

-世の流行に迎合せず、
グラス片手に飄々と歌い続けて30年。
いぶし銀のような輝きを放つ、
フォークシンガー高田渡の
酔いどれ人生半世紀。
(帯のコピーより)

やっと買った……


  思わず

 「私にも…さ、サイン下さい…」




か、、勝った!??…


空間とお客さん、そして唄うたいの人達が
なんかすごくほのぼのとやわらかく、いい感じのライブでした。
それに打上げまで参加させていただけて…。
みなさんにちゃんとした挨拶もせずに
帰ってきてしまったような感じで少々反省。
「しかし、本当に打上げのお料理おいしかったなあ。
あのピザと煮物&スパゲティ…」

2005高田渡氏急逝。ごくろうさまでした。


ひつじカンパニー
徳田健オフィシャルサイト